MENU

《徹底分析》メディプラスゲルがほうれい線に効果あり?ウソ?ホント?

メディプラスゲル,ほうれい線

 

 

オールインワンのメディプラスゲル。シンプルなお手入れなのに、肌の調子が良くなるなど喜びの声が殺到している今注目のスキンケアアイテムです。

 

一昔前までは、オールインワンってなんだかお手入れをサボっているようで、美意識の高い女性からはあまり支持されてこなかったのですが、今は技術的進歩が目覚ましく、オールインワンでも劇的な効果が期待できるものが増えたようです。

 

とくに今は忙しい女性が増えているので、「お手入れにそんなに時間をかけていられない!」というのが本音です。

 

 

 

でも、肌の状態は気になる・・・。

 

そんな現代女性のニーズにピッタリなのが、今のオールインワンなんですね。

 

今回は、オールインワンの中でも最近ダントツで人気のあるメディプラスゲルが、なんとほうれい線に効果がある、というウワサを聞きつけたので検証してみたいと思います。

 

 

 

 

ほうれい線ってなんで年とともに目立つようになるの?

メディプラスゲル,ほうれい線

 

 

小鼻の横から口もとにかけてできるほうれい線。

 

若いころは全然気にならなかったのに、いつからかすごく存在感をあらわしはじめた!

 

そして、この線、気になるとそこばかり見てしまいませんか?

 

だって顔の中心のすごく目立つところにあるんですもの!目立ち始めると本当に困ります。

 

 

 

さて、そもそも、ほうれい線って何でできるんでしょうか?

 

実はほうれい線には、浅いものと深いものの2種類あり、浅いほうれい線は20代でも余裕でできるというのだから怖すぎます(笑)。

 

そう、ほうれい線というとおばあちゃんのイメージですが、実はそんなことないんですね!

 

浅いほうれい線の原因は、まあいろいろあるのですが、強いて1つにまとめるとすれば「表情グセと乾燥」ですね。

 

 

 

あれ?2つになったかな?ま、細かいことは置いといて、若い女性の間では「キメ顔」なんて言葉がありますよね?

 

写真を撮るときは決まって同じ顔を作る女性がいますが、アレがクセとなり、皮膚の一定の部分にだけ負荷がかかりほうれい線が目立ちやすくなるそうです。

 

また、乾燥による小じわが薄いほうれい線をつくり、それをそのままにしておくことで、その線が定着し、やがて深いほうれい線へと進化してしまうのです。

 

 

 

 

メディプラスゲルはほうれい線に効果あり?

メディプラスゲル,ほうれい線

 

 

メディプラスゲルは表皮をうるおいで満たすので、浅いほうれい線にはしっかりと効果があるようです。

 

例えると、ティッシュを二つ折りにしても折れジワなどの跡はつきにくいですが、チラシなどの紙を二つ折りにするとしっかり折れジワがつきますよね?

 

これは、ティッシュは薄くやわらかいのでシワになりにくいのですが、ある程度のかたさがあり乾燥した紙はそのまま折れジワがついてしまうのです。

 

 

 

肌もこの原理と一緒で、やわらかくうるおいで満たされていれば、多少の表情の変化ではシワにはならないのですが、水分がなくかたくなった肌はシワになりやすいのです。

 

若いのにほうれい線が気になる女性は、肌にうるおいが足りていない証拠なので、メディプラスゲルのような表皮にしっかり水分を与えるものを使って、とにかく肌を乾燥させないことが大切なのです。

 

 

 

 

まとめ

メディプラスゲル,ほうれい線

 

 

真皮層まで到達してしまった深いほうれい線は別として、乾燥による浅いほうれい線にはメディプラスゲルはしっかり効果をあらわします。

 

ほうれい線に気付いてからでは遅いので、毎日のお手入れでしっかりうるおいを与えること、そして、口をすぼめたりなどの特定の表情グセを作らず、メディプラスゲルを使ってマッサージを習慣にすれば、ほうれい線は薄くなる可能性があります。

 

まだまだ諦めず、これを機にしっかりお手入れをしましょうね!

 

 

 

 

 

 

口コミ情報

効果について

購入方法について

商品比較

このページの先頭へ